不動産投資を依頼する【業者に任せることで安心】

不動産

ワンルームの物件

物件

最近は京都の不動産投資が人気のようです。歴史的建造物が多く、将来新たに建築されることは少なくなると見られています。京都は学生や企業の社員など単身者の多いところでもあり、ワンルーム物件は今後も需要が見られ空室率も殆ど低下しないと見られています。

More...

お得に投資をする

ベランダ

不動産投資にはインカムゲインとキャピタルゲインがあるので、その違いについて知っておくといいでしょう。京都で物件を探すときには築年数を見ておくといいです。築年数が浅いと耐用年が長いので減価償却費として計上できる期間も長くなります。

More...

不動産のすすめ

グラフ

減価償却を理解する

京都で不動産投資をするときには不動産屋で物件探しをする事になります。その時にマンションやアパートを利用してインカムゲインをするといいでしょう。インカムゲインをすることで定期的に利益を得られる様になります。この時マンションやアパートには築年数があるという事を理解しておくといいです。出来るなら築年数の浅いものがいいといえるでしょう。これは減価償却を利用する事ができるのです。基本的に建物には耐用年数が決まっており、鉄筋コンクリートなら47年などに設定されています。減価償却は建物の耐用年により税金を削減できるというもので、築年数の浅いものほど税金削減効果を長く利用できるのです。つまり築年数が浅いものを買うとその税金を抑えられる期間が長くなるのです。

物件の価格に注意

不動産投資をするときには注意することもあります。それは京都にある物件と建物の価値です。京都にある物件にはそれぞれ販売価格に違いがあるのですが、これは建物と物件の価値を足したものとなっています。基本的に建物の価値は耐用年数が大きく影響しており、耐用年数を経過したものは建物の価値が0円になるのです。このような物件は土地の価格のみの値段になってしまうので注意が必要となります。耐用年数が経過しているものは安いのですが、不動産投資をするときに減価償却費として計上することができなくなるのです。つまり建物の価値を利用して税金を削減できなくなります。購入するときには京都にある物件の内容をしっかりと確認しておきましょう。そうすることで快適な不動産投資をできます。

不動産にお金をかける

女性

京都の物件を買うときは便利に生活できる施設が多い物件を選ぶといいでしょう。そういうところは入居者が集まりやすいのでかなり現実的です。また利回りについては表面利回りと実質利回りがあります。不動産投資をするときには重要になるので理解しておきましょう。

More...